読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

乃木ヲタ、個人見解

乃木坂ライトヲタク、僕、てきとーにわーわー騒ぎます

星野みなみ、強みが無い問題について

喉元過ぎれば熱さ忘れるとやら。14th選抜のことであるから最近の話(今年の2月)ではあるにも関わらずこれに関して語っている人はもういないのではないだろうか。
ということで今週の日曜日に16th選抜が発表されるこのタイミングでこの問題について今自分が思っていることを思ったままに書き連ねて行きたい。(16th選抜発表されちゃったorz、でも内容は変更せず行けるしいいや。)

まず言ってしまえば、みなみには強みが勿論ある。あるからこそ、選抜常連の地位にあるのだ。しかし、強みが無いのではなく弱みがあるのではないかというのがこの記事で書きたいことだ。
(ここから中々に長い文章が続くが肯定的な結論、希望を見出しているので最後まで頑張って見て欲しい。)

何故今このタイミングでこの話を掘り返すのかと聞かれたらみなみの中で状況は変わっていない、むしろ不安が増しているのでは?と思ったからだ。(インタビューでは吹っ切れて無闇に悩んだりしない、的な事を言ってはいた。16th選抜発表は笑顔だった。)

握手に関しては14thから絶える事なく完売している。乃木坂46での立ち位置としては何も心配がいらないという状況に変わりはない。乃木坂が強くなるに連れて同じぐらい星野みなみも強くなっている。

僕はこの同じスピードでというのが重要な気がする。

15thでは齋藤飛鳥がセンターとして選ばれた、みなみは3列目、ここが比較されるのは目に見えているし、あしゅは乃木坂よりも速いスピードで他のどのメンバーよりも速いスピードで1人駆け上っていった印象を受ける。
かずみん、ななせまるは写真集を発売。まいやんはモデルとして地位が確立してきている。ななみんもモデルにラジオにと忙しい。
いくちゃんは次々と大きな舞台が決定した。きぃちゃんは今回の選抜で飛躍したであろう、ブログの更新も続けている。松村沙友理が立ち上げたさゆりんご軍団は皆が思っていた以上に跳ねた。
生駒ちゃんは舞台もあったし、テレビに出て認知度はぐんぐん上がっている。真夏もよくTVに呼ばれている。みさ先輩は本も発売したしラジオもある。
若月、桜井は舞台にこれからも安定して呼ばれるのでは?と感じられるまでになってきた。

上記の選抜メンバーは程度はあるにせよ、分かりやすく、速いスピードで上がっている、もしくは自分の強みを磨く方向へと歩み始めている。
(把握しきれていない雑誌などもあるので見落としは大いにある。)

星野みなみは他のメンバーに遅れを取っていると感じているのだろう。しかし、現在位置で見れば相当上にいるし、(誰もみなみが選抜であることに疑問を抱かないのだから。)、外から見れば充分に成長している。
全ツを成功させる、PVを撮る、番組の収録をする。これだけでも僕らからしたら考えられないほど努力しているのだから当たり前だ。

スピードに関して更に言えば、僕はシングル事にこの乃木坂の現在の成長スピードに達していないメンバーが落ち、新たな勢いあるアンダーメンバーと入れ替えていると考えている。
この考え方ならばあまり運営の判断に矛盾は出ないのではないだろうか。なんたって乃木坂は今絶頂期である。思い出選抜は許されないのだから仕方がない。

脱線。
ここから核心に迫ろう。

僕がみなみに対して憂慮すべきことがあるとすれば、団体での仕事以外でのメディア露出が選抜に選ばれるかどうかぐらいのアンダーメンよりも少ない所である。

特に雑誌のインタビューが恐ろしく少ない。

グラビアでの掲載などは確かにある。しかしインタビューや、対談記事。つまり、自身の考えを述べる機会があまりに少ない。
機会が少ない理由は単純明快で需要が無いのだ。
つまり、雑誌側が何かしら乃木坂に動きがあった時に、みなみから話を聞こうとならないこれが星野みなみの弱みであり、1番の解決すべき問題である。

きぃちゃんと比較すれば、みさ先輩、あしゅとの対談や、サンクトエトワールもあれば2期生対談の時でも呼ばれている。引っかかるワードが多く興味を持ってもらえる話題に事欠かない。
これも最近になってのことではあるが。

ヲタは物語が大好きなのだ。乃木ヲタは特にその傾向が強い。インタビューや対談はメンバーとの関係性やその時の思いがよく分かるし、物語の理解に大いに役立つ。飛躍したメンは飛躍する前でもインタビューを受けることが多かった。

これはみなみがやる気が無いというイメージが続いてしまっているからだと思う。このイメージを払拭しきれていない。あともう一つはメンバーとの関わりがこちらまで伝わって来ていないということ。仲良いメンバーとかはいるんだろうけどそれに関してインタビューされるまでには至っていない。今のさゆりんご軍団に象徴されるようなグループ売りにことごとく入っていない。
これらがインタビューが極端に少ない原因であると考えている。
インタビューを受けていない、外仕事が少ない、と起こることはSNSでの拡散やまとめ記事、考察が少なくなることである。

僕は君が知りたいんだ!(キモオタvoice)

ここまでが問題点の把握でこここらは解決方法について語ろうと思う。

必要なのは自分を語ること。これに尽きると思う。やはり自分を知ってもらってこそだ。
AKBから来ているこの過剰なまでに自分をさらけ出して勝ちに行く、という今のアイドルの戦法をやって行く時が来たのかもなーと。(僕はこれあんま好きじゃないんだけどね。。)

これを乃木中とかNOGIBINGOでやっていくのが1番手っ取り早いかなー。キャラを付けるぐらいの感じで、思ったまま思ったことを大げさに言ってみよう!(あしゅの毒舌キャラみたいなのを付けていければ勝ちかな。)

3期生を束ねて星野みなみ軍団を作るとかいう劇薬もあるよ!もう今の状況的に軍団作ったもん勝ちみたいなところあるよ!
というのは半分冗談にしても参加しているユニット内での話題作りってのも重要だと思う。そこで仕事が決まった時に悩みとかも含め思ったままに行動、発言していけばいいと思う。

早く結果が欲しい場合はこんな感じかな。

こういう感じで論調を進めるとブログ書こう!みたいなありきたりな解決方法になる。
でも、そんなのつまらない。
(選抜発表に対してのブログとか書いたら反響あるだろうけどね。うん。)

で僕が最も思うこと。
それは、、、、焦らなくて良く無い??っていう。
まだ18歳なんだよ。最近それこそ平手ちゃんとかあしゅとかで麻痺してる、後みなみが1期生なのとかもあるけどなんたってこっからじゃないですか。

みなみはカワイイというのがまず最初に来るじゃん。じゃぁそれがそうじゃなくなったとき。大人になってかわいいだけでは表せない魅力が出てきたとき、そこが飛躍のタイミングな気がする。
若手のメンはこれからどこかしらに飛躍のタイミングがあるだろうしそこを掴むかどうかが重要!

ということで、

敢えて言おう!!!!
みなみは!!!!
大人メン!!
お姉さんメンとして不動の地位を確立すると!!!

ギャップでアイドル界を制そう!!グラビアを見てあれ?少女じゃなくなったな?って思ったら、あれよあれよと跳ねると僕は信じております。もともと演技とかもできるんだし。
大人な星野みなみさんハンパないと思うんだよな。

今ってさ可愛すぎて他の良さが推し以外に伝わってないのよな。
確実にみなみ、みおな、あしゅ辺りはこれからの乃木坂を引っ張って行くことになるんだから。
8thのみなみからアンダーの物語は始まったわけだしさ、自分の空気感でふわっとすごいことを、乃木坂の今後の指標を示すんじゃないか、とかさ。

次にフロントに立ったときのインタビューとかを楽しみにしたい。